Myojo 12
TOP 目次 次号予告 裏Myojoリターンズ Information 名作ライブラリー メール投稿
名作ライブラリー
アイドルからの緊急メッセージ いじめられてる貴方へ…。いじめてる君へ!
第1弾第2弾第3弾
新垣結衣
いじめられてる人へ。
なぜ、自分がいじめられるんだろう?
考えてみて、理由が思い当たらなかったら、貴方は全然悪くない。
相談することは、カッコ悪いことじゃないよ。
おおごとになる前に、誰か徹底的に守ってくれる大人の人に相談して!
いじめてる人へ。
楽しい? 貴方は、そんな人でいいの?
そんな人になりたかったの?
はっきりいって、貴方の味方はいないよ。
後悔する前に、やめたほうがいい。
絶対、あとで苦しくなるから。
榮倉奈々
私が中学生のときは、自分の意見をはっきり言っちゃうタイプだった。
だから、友だちに「こっちのほうがいいんじゃない?」ってアドバイスしたつもりでも、「もういいよ」みたいなことを言われたこともあって、後から思えば、自分が思ってるより言葉がキツかったのかなって。たとえ悪気がなくても、相手が傷つくことってある。
みんなも、自分の言葉で相手がどう感じるのかってことに少しでも気を配ると、いいんじゃないかな。
大倉忠義
ニュースでいじめによる自殺の話をよく聞く。
もちろん俺が軽く言えるような問題じゃないことはわかってる。でも、もしこれを読んでいる人が、今いじめにあっていて、さらに死ぬことを選ぼうとしているんだったら、ひとことだけ伝えたいことがある。死ぬくらいなら、死ぬ覚悟で生きろ、と。死ぬくらいの勇気があるんやったら、なんだってできるはずや!
加藤成亮
いじめって誰しも一度は経験するくらい、日常に存在してるもの。
俺も、調子に乗ってた時期があって、それが原因でいじめられたことがあった。
でも、そのときにブレーキをかけてくれたのは、友だちの存在だったんだ。とにかく、自分は孤独だと思わないこと。
もし今、孤独だったとしても、これから、たくさんの人と出会って、いろんな世界の友だちができる。転校したっていい。
まず、自分だけの小さな世界を出て、友だちを探すんだ。
北山宏光
いじめは、みにくい! いじめは、みじめだ!
誰にでも人の好き嫌いはあるだろうけど、そういうのを超えている。
さみしくて、幼稚で、人とつるむことしかできなくて、自分自身がいじめられることを何よりも怖がっている、いちばん弱い人間がやることだと思う。
胸に手をあてて、自分が今やってることについて正しいと正々堂々言えるのか、よく考えてみてほしい。言えなかったら、勇気を出して相手に「ごめん」と言ってごらん。何かが変わるから。
とにかく、俺は、いじめなんて大嫌いだー!
国分太一
いじめは犯罪だと思います。まずはこのことをしっかり認識して欲しい。人を傷つける行為はれっきとした傷害罪。今、いじめてる君やそれを見て見ぬふりをしている人たちは、犯罪を犯したり見過ごしたりしてるということなんです。
“いじめ”なんていう軽い言葉でごまかしたり、紛らわしてはいけないことだと思うんですよ。あと『オーラの泉』でも話題になった話ですが、“恥を知る”という言葉をしっかり胸に刻んでほしい。人をいじめるというのは、とてつもなく恥ずかしいこと。
“恥知らず”な人間は子どもだろうと大人だろうと軽蔑に値します。そして、いじめられている貴方へ。僕らの想像をはるかに超える痛みや苦しみを抱えていると思います。我慢しないで、そこから逃げるなり、戦うなり、訴えるなり、なんらかの声をあげてください。
勇気を出して、一歩、動いてください。
何かが変わると信じて動いてください。
桜塚やっくん
いじめられている貴方へ。
一生に一度だけ、勇気を出してぶつかっていってごらん。その結果はすぐには見えてこないかもしれないけど、ほんの1%だけかもしれないけど、確実に前に進めるから。とっても難しい問題だけど、人生を変えられるのは周囲ではなくて、自分だけだから。親や先生や大人たちに相談する、思いきって転校してみる、いじめてるやつらに向かっていってみる……。
どんなことでもいいから、動いてみよう。声をあげてみよう。
一生に一度だけ、勇気を出してぶつかっていくのは今だよ。
櫻井 翔
「死ぬな!」のひとことに尽きる。
『NEWS ZERO』に1週間に1回しか出てないのに、毎週毎週、いじめで誰かが死んでる。
学校っていう小さい世界だけにいると、“もう死ぬしかない”って思いがちだけど、社会に出ると、自分を受け入れてくれるところがほかにもあったりするんだ。だから、とにかく死ぬな!
滝沢秀明
誰かをいじめている人たちへ。
何が原因でそういうことをやっているのか、よくわからないけど、人の痛みっていうのを知らなければ、のちのち、自分が痛いめにあうと思うよ。
決していいことはない。
しっぺがえしをくらう前に、いじめをやめなさい!
田中 聖
いじめられてるやつ…絶対負けんな。
いじめるやつって、自分が弱いから、自分より弱い人間が欲しくてやるんだよ。
だから、いじめられてても、いじめてる馬鹿どもよりは弱くない!って、自覚しろな。
それから自分を殺すくらいなら、そんな勇気があるなら、その勇気で一発、殴れ。勝てなくても何かが必ず変わるから。
死ぬと思えばなんだってできるぜ。
人って、自分って、そんな弱っちくないから。
堂本 剛
いじめは、本当に難しいテーマだよね。
単純に、今の教育に問題があるような気がする。
きちんとしかるということがなくなってきている。親、先生、みんな、必要以上に敏感になりすぎている。愛情がなくなっているのも、問題だよね。いじめている人たちに対して、ふと思うのは、いじめることで何のメリットがあるの?ってこと。
何年後かのことを考えると、まったく得られるものは何もないよって、言いたい。まだいじめられているほうが、メリットがあると思う。強靱な心になり、悲しみや孤独というものを知って、人にやさしくなれるから。
とにかく、いじめられている人に言いたいのは、死なないでほしい。
僕はかつて『人間・失格』というドラマで、壮絶ないじめによって自ら死を選ぶ役柄を演じたけども、いじめられる側は想像を絶するほどの辛さはあると思う。でも、死んだらそこですべて終わりなんだよね。生きてほしい。
いじめている側の人は、人生をもっと考えてほしい。もしも死に追いやってしまったら、本当に取り返しのつかないことになるから。
中島裕翔
俺も、小1、2くらいのとき、近所のコからいじめられたことがあった。「ここから飛び降りて死ねよ!」とかって言われたんだ。俺は自分でお母さんにそのことを伝えたから、親づてにそのコは注意されたみたい。その後すぐにいじめはなくなったよ。でもね、そのときの悔しい気持ちがあって、今の自分があると思ってる。いつか見返したい!って、がんばれたときもあったから。だから、もう気にしてない。ただ今は、いじめをしてる人たちに、いいかげんに大人になろうよ!って言いたいね。
二宮和也
俺も昔、いじめられてたことがあった。
途中から標的がほかの人に移ってったけど、何も解決してない。
謝ってもらってないから、俺の中では、今でも終わってないんだ……。
本当にいじめがある世界なんて、よくないよ!
学校でも社会でも普通にある、ってことが、すでにおかしいんだよね。
堀北真希
いじめって、やる側とやられる側じゃ、重みが全然違うんです。
いじめる側はちょっといじわるしただけのつもりでも、いじめられる側はすごく傷ついてる。たぶん、いじめてる側が想像してる以上に。
いじめてる人たちは、みんなでひとつのことをやってるっていう一体感があって楽しいのかもしれないけど、本当はとても恥ずかしいことだし、間違ったこと。クラス全員で仲よくするのは無理だとしても、ひとりを大勢でいじめるなんて、卑怯すぎます。
私がいじめられっコを演じたドラマ『野ブタ。をプロデュース』もそうだけど、いじめに関するドラマや本に触れて、いじめをおかしいなって感じたら、自分の周りも見つめ直してほしいなと思います。
福田沙紀
たぶんいじめてる人って自覚してる人もいるだろうけど、いじめてないって思ってる人もいるわけじゃないですか。自覚してないゆえに、どんなにやさしい人も、周りに流されて、いじめる側になっちゃったりする人もいたりすると思うんですよね。でもそんなとき、まず、自分がされたときのことを考えたほうがいいですよね。集団の場合は自分もそっち側にいないといじめられるって思って、いじめちゃうケースが多いと思う。
自分の意思をしっかり持って。
いじめちゃだめだと思ったら、いじめちゃだめ。
いじめて自分が得することは何もないと思うよ。
八乙女 光
まず、いじめてるやつ。何か理由があってそういうことをしているのかな。理由もなくてしているのなら、ホントに意味がないことだから、すぐにやめるべき。もし理由がはっきりしているんだったら、その理由を、行動に移す前にちゃんと相手へ伝えようよ。そして、いじめられてる人へ。相手にいじめる理由を問いただしてみて、もし理由もなくいじめられているんなら、その人のことを相手にする必要はまったくない。すぐに距離を置いて、シカトするんだ。納得がいく理由だったら、話し合って解決するべき。もちろん、集団で来るやつらは論外。1対1で、何もできないやつらとは、話す必要すらないよ。
薮 宏太
よくいじめる側が「いじめられる方にも問題がある」って言うけど、その考え方は間違っていると思う。たとえ、いじめられているコに何か問題があったとしても、いじめ以外の方法で解決策を見つけてあげようよ。いじめる前にそのコのことをよく知って、悪いところじゃなくていいところを探すとか。いじめをやめる勇気を持つことが大切だと思うな。
山田涼介
昔、いじめられてたことがあった。理由はわかんなかったけど、ちょっとしたことで、すぐにちょっかいを出してきたり、集団で激しく言ってきたり。正直、すごく怖かったけど、僕は、そういうやつらに対して、ひたすら無視を続けたんだ。それでも、しばらくの間はいじめは続いたけど、そのうち飽きたみたいで、いじめはなくなった。
“いじめ甲斐をなくす”っていうのが、効果的だったのかなぁ…。
これはもちろん僕だけの話。それぞれ、きっと解決の方法があると思うんだ。見つかるまで、絶対あきらめないで!
上に戻る
年間定期購読のお知らせ 集英社の個人情報取り扱いについて 集英社Web Information