Myojo 11
TOP 目次 次号予告 裏Myojoリターンズ Information 名作ライブラリー メール投稿
名作ライブラリー
アイドルからの緊急メッセージ いじめられてる貴方へ…。いじめてる君へ!
第1弾第2弾第3弾
相葉雅紀
子どもには子どもの世界があって、大人が入れる場所じゃないからね。いじめる相手に勝てるように、ケンカしたり、そのために筋トレしてみたりして、タイミングを待ってから、言いたいことを面と向かって言えるようになればいいよね。それでケンカして、万が一勝っちゃったりしたら、二度とやられないだろうし。筋トレがいいのかはわかんないけど、いじめって戦わずして、なくならないことだと思う。勇気を持ってる番長的な人が、どのクラスにもいてくれるといいんだけどな。
石原さとみ
いじめられるほうにも原因があるっていう人もいるかもしれないけど、私は、いじめてるほうが100%悪いと思います。私の通ってた小、中学校では、いじめは一切なかったですね。そうなりそうな雰囲気があったら、先生が厳しく怒ってくれてたような記憶があります。ただ、習い事で会った別の学校のコたちから、話は聞いたことがありますね。もちろん、自分で気づかないうちに人を傷つけてるっていうことも、あると思うんですけど、いじめとは違うかなぁ…。もし、自分がいじめられたらどう思うかって考えてみれば、よくないことだっていうのはわかると思うんですけどね。“もし、自分だったら…”って、相手の立場に立って考えるのは、大事なことだと思います。
上田竜也
世の中、やさしい人もいるけど、やさしくない人もいる。だまされる人がいるってことは、だます人がいる。それと同じように、いじめられてる人がいるってことは、いじめる人がいる。それが現実なのかもしんない。でも、弱いものをいじめるっていう心理は、俺、どうしても理解できないわ。抵抗できない人間をいじって、何がおもしろいのかね? やるなら、対等の立場とか、1対1とか、正々堂々と戦うのが人の道ってもんでしょーが。
ウエンツ瑛士
もしかしたら、いじめはなくならないものかもしれないですね。でも、少しでも減らしていったほうがいいに決まってます。具体的な方法は思いつきませんが…。たとえば、いじめてる人を学校に来れないようにしたら、今度は逆にその人へのいじめにつながってしまうかもしれないし…。ただ、どんなにつらくても、死ぬという選択肢だけは選ばないでほしい。今はつらいと思うけど、生きていれば、また楽しいこともあると思うし、きっと“あのとき自殺しないでよかった”って思う日が来るはずです。
亀梨和也
えらそうなことは言えないけど、いじめを受けてる貴方は、今、猛烈に人として強くなってるんだと思う。貴方が受けている苦しみは、貴方を悲しませるだろうけど“痛みを知る”っていう財産になってる。“痛み”を知っている人は、やさしいし強いよ。逆にいじめてる人は、取り返しのつかない大事なものをなくしてる。いじめてる人もいじめられてる人も、どちらでもないと思ってる人も、俺も、頭じゃなく心で、自分に関わるすべての人のことを考えたいよね。貴方も俺も、まだ人生始まったばかりです。今、苦しくても、止まったり終わらせてはダメです。誰にでも負けちゃいけない勝負があるとすれば、それは今です。絶対、負けるな。
黒川智花
いじめって、程度の差はあるかもしれないけど、誰でも1度くらい経験したことがあるんじゃないかな。友だちとささいなことでケンカしたら、次の日は口をきいてもらえなかった…みたいな話だって、立派ないじめだと思うし。だから、いじめてる人にも、きっといじめられる側の気持ちがわかるはずなんです。みんながそのつらさを心にとめておくことができれば、絶対いじめはなくなるはず。今、いじめられてる人は、ひとりで悩まず、家族や友だちに相談してほしい。そのためにふりしぼる勇気は、決してムダにはならないと思います。
小山慶一郎
俺、中2のときに、軽いいじめにあったことがあるんだ。ある日、友だちのひとりとケンカしちゃって、そしたら次の日からその友だちのグループにいじめられるようになった。体育の時間に、俺めがけてボールが飛んできたりしてね。ただ、そんな状況でも、たったひとり、ずっと俺の味方をしてくれた親友がいたんだ。俺がつらい時期を乗り越えられたのは、そいつのおかげ。だから、今いじめられてるコには、そういう心の支えになってくれる存在を見つけてほしい。いじめられてると、自分以外の全員が敵に見えちゃうかもしれないけど、必ず自分の味方になってくれる人はいるはずだから。
斉藤慶太
昔、弟がいじめられたことがあったから、いじめは他人事じゃない。学校って、勉強が大変とかいろいろあるけど、やっぱり楽しい場なんだよね。いじめのある学校なんて楽しくないもん。いじめをなくして、学校を楽しもうぜ!
斉藤祥太
いじめられた経験があるわけじゃないから、本当の苦しみは、わかってないのかもしれないけど、でも、自殺する決心をするんだったら、いじめてるコに対して戦う勇気を出してほしい。がんばれ! いじめに勝とうよ!!
田口淳之介
いじめ撲滅!
よくないことに決まってるじゃない。かといって、みんな、誰かを恨んだりしちゃダメだよ。誰かが悪いんじゃない。社会が悪いんだ! と思ってさ、相手を傷つけることじゃなく、まずは自分を磨くことに精を出しなさい。こんな社会だからこそ、自分を研磨していかないと、これからの世の中、生き抜いていけないよ。
戸田恵梨香
中学のころ、友だちとの間に、すれ違いや誤解が続いて、ある日、7〜8人から学校のトイレに呼び出されたことがあるんですよ。私にとっては、それだけで、すっごくびっくりした出来事だったけど、何よりショックだったのは、中心になっていたのが赤ちゃんのころからの幼なじみだったこと。そのとき突然、先生が入ってきて……。当時は“大人には入ってきてほしくない”と思ってたけど、結局それで救われた私はラッキーでした。幼なじみの友だちのお母さんからは“ごめんね”って電話がかかってきて、学校もまた楽しくなったんです。大人に頼ることも大切なこと。勇気を持ってSOSを出して! 今、貴方がいるところが世界のすべてだと思わないでほしい。それを実感するためには本を読むのも、ひとつの方法。オススメは、『鏡の法則』です。物事を違った目で見られるようになると思いますよ。
長瀬智也
いじめてるやつは、くっだらねーことやって無駄に生きてんなぁと思う。早くわかれよ、そこんとこ。いじめられてるやつは、自分で自分をどんどん追い詰めて、選択肢を少なくしてる気がするんだよね。やられたら、死なないでやり返すんだよ。戦う、粘る、行動する…いろんな選択肢があると思う。死ぬなんて選択は最低だし、だいたい親に失礼だよ。どんなことがあっても生きてこーよ。
錦戸 亮
もし俺に子どもがいて、その子がいじめに苦しんで死んでしまったら、俺がそばについて守ってやればよかったのにって一生苦しむと思う。でも、実際、親が学校まで行って、子どもを守るなんて不可能。だから、先生とクラスメートが守ってやるべきなんちゃうかな。いじめられてるコにも原因があるなんてこと絶対にない。いじめてるつもりはなくても、いじめられてると相手が感じたら、それはいじめ。いじめの兆候をみんな見逃さないで!
増田貴久
むずかしい問題だよね。「こうすれば、いじめは永久になくなる」っていう絶対的な正解がないというか…。俺が学生のころは、生徒のためにときには涙を流してくれるようないい先生が何人もいたし、クラスでドッジボールとかしょっちゅうスポーツしてたし、ヘンに陰湿なものが生まれる雰囲気が教室の中になかった。だから、いじめはなかった、と信じている。他人を思いやるひとりひとりの気持ち、相談できる友だちがいること、環境、頼れる大人の存在…きっとすべてが大切なんだと思うよ。
丸山隆平
生まれてきたことに、人それぞれ意味がある。役目がない人なんてひとりもおらへん。その役目は、人生をかけて見つけ出すことやし、発見できたときの喜びは、たとえようがないくらい素晴らしいものやと思う。それを知らずに死ぬなんて、なんて悲しいことや。みんなが学校で過ごしている時間は、人生の長さに比べれば、きっとほんの少しの時間。 ずるがしこくったっていいから、なんとか学校生活の期間を切り抜けること。そしたら、もっと広い世界が見えてくるんや!
村上信五
いじめはあかん! いじめられてる人より、いじめてる人のほうが、人間として絶対に弱い。だって、自分はひとりで生きてるわけやない。世の中にはいろんな人がいるんやって、ものすごい単純なことをきちんと認められない人なんやから。そして、いじめられている人は、決して弱い人間なんかじゃない! むしろ、苦しさや、さみしさに耐えて、打ち勝つことのできる強い人間やねん。きっと、人を傷つけて学ぶことも、人に傷つけられて学ぶことも、あるんだろうけど、みんながみんな、自分なりの方法でやさしさについてもう一度考えられればいいなと思います。
上に戻る
年間定期購読のお知らせ 集英社の個人情報取り扱いについて 集英社Web Information